ビフィズス菌 サプリ

ビフィズス菌サプリランキング

当サイトは腸内細菌を増やし体の機能を高めてくれるビフィズス菌を配合したサプリを紹介しています。数ある商品の中でも特に人気のあるビフィズス菌サプリを効果別に掲載しています。

 

ビフィズス菌選びのポイント
  • 自分が求める効果(便秘解消したい、体を強くしたい、など)
  • 菌の含有量
  • 継続できる価格か

 

この3つを重視したサプリが以下になります。

 

ビヒダスBB536 機能性表示食品 お試し

ビヒダスBB536は、森永乳業が販売するビフィズス菌BB536を配合したサプリメントになります。ビフィズス菌BB536は、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える働きがあり、便秘の解消・便臭の改善などの作用が判明した機能性表示食品です。

 

ビヒダスBB536には、そんなビフィズス菌BB536を1日分に150億個含有しており、もちろん生きたまま大腸に届き悪玉菌を追い出します。当サイトより5日分のお試しセットの購入が可能です。

 

 

ヘルスエイド ビフィーナS 健康増進 初回限定価格

ヘルスエイド ビフィーナSは、18年に渡り乳酸菌食品シェアNo.1を獲得しているビフィズス菌サプリメントです。

 

50億個ものビフィズス菌に加え、乳酸菌とオリゴ糖をプラスしビフィズス菌の働きをより高くサポートします。その結果、約90%もの菌が生きたまま腸にまで届き体内にアプローチします。加齢とともに失われていくビフィズス菌は継続的に補給することで増えていくのです。

 

今なら初回限定価格にて販売しております。

 

 

乳酸菌革命 免疫力UP 最大20%OFF

乳酸菌革命は、いまや乳酸菌健康食品の定番ともいえる販売実績60万袋突破のサプリメントです。

 

ビフィズス菌をはじめ、ブルガリクスやカゼイなど話題の乳酸菌を全て配合した体の機能を高めるサプリに仕上がっています。

 

さらに有胞子乳酸菌も含まれており、途中で死滅せずに腸にまでしっかりと届くため確かな効果を実感できます。

 

 

新谷乳酸菌 健康増進 お試し1000円

新谷乳酸菌は、1包に2億個もの乳酸菌を配合した話題のサプリメントです。

 

生きたまま腸にまで届く植物性乳酸菌を中心に大豆発酵乳酸菌エキスや自然由来の食物繊維を豊富に配合しています。

 

食事の変化とともに衰え始めた健康を新谷乳酸菌ラクトバチルスがサポートします。

 

 

アレルケア アレルギー対策 初回20%OFF

アレルケアは、累計販売数400万袋を突破したアレルギー対策の定番サプリメントです。

 

カルピス社独自のL-92乳酸菌にはムズムズやカサカサなどの症状にならないよう体のバランスを整える働きがあります。そんなL-92乳酸菌を配合したアレルケアは花粉症やアトピーなどのアレルギー症状に悩む方に人気です。

 

L-92乳酸菌は他の乳酸菌と異なりなかなか食事からは摂れない菌のため摂取にはアレルケアがおすすめです。

 

 

ビフィズス菌を増やして便秘解消

 

ビフィズス菌を増やすと便秘解消につながるとよく聞かれます。これはどういったメカニズムによってもたらされているのでしょうか?

 

まず前提として、便秘は腸の本来の機能を考えると異常な状態であり、腸が正常化すれば便秘は自然に解消されるということを抑えておく必要があります。そして、腸をこのような異常な状態たらしめているのは他でもない腸内の悪玉菌なのです。

 

原因は悪玉菌

 

悪玉菌は腸内で有害物質を多く発生させ、これらの毒やガス類が腸の多くの健康な運動を阻害します。その中に、腸全体を伸縮させる「ぜん動運動」も含まれるのです。

 

ぜん動運動が抑制され鈍った結果、胃から送られてきた食べかすは腸からなかなか奥に進まなくなって滞留してしまい、これが便秘の実態なのです。

 

さらに悪い事に、食べかすが長時間腸に留まってしまうとこれ自体が悪玉菌の餌となり、悪玉菌が毒素を排出する元となり、そしてそれが腸のぜん動運動をより一層抑制する…という終わりなき悪循環を生みます。

 

腸内環境を整える

 

便秘は放っておいても全く自然治癒しないのはこのようなメカニズムに依ります。もちろん、この状態を解消するにはビフィズス菌などの乳酸菌を多く摂り腸内環境を改善して、腸本来のぜん動運動を取り戻すしかありません。

 

便秘を解消するには常に善玉菌優位の腸内環境を維持し、悪玉菌が少ない状態を保ち続けることが重要なのです。一時的にたくさん乳酸菌食品を大量に食べたりするのではなく、毎日定期的に摂取することが重要だということです。

 

ビフィズス菌と乳酸菌とは?違いはなに?

 

整腸作用があるとして注目されているビフィズス菌と乳酸菌ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ビフィズス菌とは

 

ヨーグルトに含まれている細菌の仲間であるビフィズス菌は、酢酸などを作り出す細菌です。細菌というと悪いイメージを持ってしまう人もいるでしょうが、多くの細菌は人間と共生しています。

 

生物学上ではビフィドバクテリウムと呼ばれており、糖を分解する力があるのです。ビタミンB群や葉酸などを作り出すことができるのが主な特徴だと言えるでしょう。

 

乳酸菌とは

 

乳酸菌はビフィズス菌と共に、ヨーグルトなどの乳製品に含まれている細菌の仲間です。ラクトバチルスやラクトコッカスという呼び方をされることもあります。

 

ビフィズス菌と一緒で糖を分解する能力を持っているのですが、乳酸を作り出すことができるという特徴があるので、乳酸菌と呼ばれているのです。ビフィズス菌の住みやすい環境に整えてくれるというのも乳酸菌の特徴でしょう。

 

ビフィズス菌と乳酸菌はよく似ている

 

同じくヨーグルトなどに含まれているので、同じ種類と考えている人も多いようですが、ビフィズス菌と乳酸菌は別の種類です。大きな違いは、上記でも触れているように、糖を分解して作り出す成分でしょう。

 

また、ビフィズス菌の形はアルファベットのYやVに似た形になっているのに対して、乳酸菌は棒状や円状の形をしています。腸内に生息する数も、ビフィズス菌の方が圧倒的に多くなっているのです。

 

ビフィズス菌の摂り方は?

 

ビフィズス菌を摂取する方法はいくつか存在しています。そこでどのように摂取するのがよいのか紹介させていただきます。

 

ビフィズス菌の多い食材を食べる

 

ビフィズス菌の摂取方法としては、できるだけ多く含まれている食品を食べることです。主な食品はヨーグルトや漬け物、味噌などがよく知られています。

 

しかし、過剰摂取は塩分などの取り過ぎに繋がってしまうので、適量の摂取が重要です。他にもサプリメントを利用するという方法があるのですが、この場合には塩分や糖分、脂肪分なども殆ど含まれていないのでおすすめです。

 

毎日食べるのがよい

 

ビフィズス菌の摂り方は、毎日適量食べるというのが適しています。例えば朝にヨーグルトを食べて、昼には漬け物を食べる、夜に味噌汁を飲むという感じです。

 

ビフィズス菌に関しては、過剰摂取をしてしまってもそれほど問題はないものの、他の成分も一緒に摂取することになるので注意が必要です。間を空けてしまうとビフィズス菌の量が減ってしまうので、継続して食べることが重要になります。

 

効率的な食べ方

 

ビフィズス菌は弱い細菌なので、できる限り食品を購入したらすぐ食べることが重要です。サプリメントであればこのような心配はいりませんが、消費期限前には使い切らないといけません。

 

また、食事が終了してから最後に食べるのがよいと言われています。食後は胃酸の力が弱まるので、このときが腸まで届くチャンスなのです。さらにオリゴ糖と一緒に食べるのも最適です。

 

ビフィズス菌を増やすならヨーグルトよりサプリがいいワケ

 

食べ物でビフィズス菌を摂取するのが最もよい方法ですが、毎日必要量食べるのは大変でしょう。そこでおすすめなのがサプリメントです。

 

毎日食べるのは大変

 

ヨーグルトを食べてビフィズス菌を増やすのが最もよいのですが、毎日十分な量を食べるのは大変な場合もあります。このようなときには、ビフィズス菌を十分取り込むことができません。

 

そんなときには気軽に飲めるサプリメントがよいでしょう。サプリメントなら仕事先に持っていくこともできますし、好きな時間に気軽に飲むことができるのです。

 

腸まで届きにくい

 

ビフィズス菌というのは、ただ摂取すればよいというわけではありません。腸まで届かなければ効果は今一つになってしまうのです。ヨーグルトの場合には、胃で多くのビフィズス菌が死滅してしまいます。

 

だからかなりの量を摂取しないといけなくなるのですが、それが難しいのでサプリメントがよいのです。サプリメントなら種類によっては腸までしっかりと行き届けることができます。

 

サプリメントの種類選びも重要

 

ヨーグルトで腸までビフィズス菌を届けるのが難しいというだけではなく、サプリメントでも腸まで届かずに大半のビフィズス菌が死滅してしまう可能性もあります。

 

そのため、サプリメントも適当に選ぶのではなく、しっかりと腸まで行き届けさせるサプリメントを選ばないといけません。そのためには十分な情報収集を行う必要があるでしょう。

 

ビフィズス菌サプリの正しい選び方

 

ビフィズス菌サプリメントを購入して、健康に注意しようという人も多いでしょう。このような場合には、選び方がとても重要になります。

 

胃酸に強いサプリメント

 

ビフィズス菌というのはとても弱い細菌類です。そのため、食品として摂取しても、かなりの量を取らないと、腸まで到達する前に死滅してしまいます。

 

サプリメントを選ぶ場合も同様で、胃酸で消滅してしまうようでは効果は期待できません。まずは生きたまま腸まで届くかという点と、胃酸に強いという点に重要視して選ぶ必要があるのです。

 

ビフィズス菌以外の成分にも注目

 

サプリメントというのは、1種類の成分だけで作られているわけではありません。その他にもたくさんの成分が使用されているのです。そこでビフィズス菌を摂取する場合、他の成分にも注目しないといけません。

 

では、どのような成分がおすすめなのかというと、ビフィズス菌の餌となるオリゴ糖が含まれているか、ビフィズス菌を助けてくれる乳酸菌が含まれているサプリメントがよいでしょう。

 

ビフィズス菌の種類や数も重要

 

サプリメントは価格なども重要なのですが、ビフィズス菌の種類や数も重要です。ビフィズス菌も種類がたくさんあり、ビフィダム菌やロングム菌、アドレスセンティク菌やブレーベ菌などがあります。

 

数も多い方がよいに越したことはありません。このような点に注目してサプリメントを購入することが重要ですが、種類に関しては効果もしっかりと調べておくことが重要です。

 

サプリだけじゃだめ?生活習慣の改善がビフィズス菌(善玉菌)を増やす手助けに!

 

よくサプリメントを使っているだけで改善されると思っている人もいます。しかし、他の点も注意しないと、ビフィズス菌を増やすことはできません。

 

整腸作用をよくする食事をする

 

ビフィズス菌を増やすサプリメントを使用しているだけでは、十分な効果は見込めないでしょう。他にも食事に注意することが重要です。特に整腸作用をよくする食事が大切になります。

 

そのためには、食物繊維やミネラル分が多い食材をきちんと食べることが重要です。もちろん他の栄養分をバランスよく摂取することも必要になります。

 

良質な睡眠を取る

 

ビフィズス菌を増やすために重要なことは、睡眠をしっかりと取ることです。ただ寝ればよいというわけではなく、良質な睡眠を取ることが重要になるのですが、どのような睡眠が良質なのでしょうか。

 

朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない場合は、良質な睡眠が取れていない証拠です。スッキリと起きられる場合には、良質な睡眠がとれている可能性が高いでしょう。

 

適度な運動を行う

 

食事と睡眠、後は適度な運動が重要です。いきなり激しい運動をすると、体に負担がかかってしまうので、自分の体力に合った運動を行わないといけません。

 

もちろんあまりにも軽すぎる運動では意味がありませんので、普段全く運動をしない人は、まずはウォーキングを1時間ぐらい行ってみてはいかがでしょうか。できれば毎日続けることが重要ですが、最低でも1週間に3日ぐらいは行いましょう。